マヤ暦について

私たちは誕生した日のエネルギーに
大きく支配されています

マヤ民族は数学と天文学に長けていて
約17~19種類の暦を使いわけて生活していました。

その1つが260日を1サイクルとする
ツォルキン暦というもので

マヤの神官が儀式のときなどに
使用していました。

マヤ人は時間の捉え方を
「刻むもの」ではなく「エネルギー(意識)」として
捉えていました。

1日1日流れるエネルギーは異なり、
その日その日に意味があるという考え方です。

私たちは自分が望む人生の目的を生きるのに
最もふさわしい日を選んで生まれてきています。

そして私たちは誕生した日のエネルギーに
大きく支配されています。

そのエネルギーをマヤ暦によって明らかにし、
本来の自分の姿に戻ることで全てが解決するでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。